ブックメーカーは、お金を賭けるギャンブルの一種ではありますが、
実践すればするほど「ギャンブルという一言では語れない」と思える気づきがあります。

 
多くの人にはギャンブルの勝敗は「運任せで決まる」と思われているためか、
ブックメーカーの実践でも「思いつき」で賭けたり、
「勝てそうな気がする」というだけで一気に大勝を狙ったりする方も多いんですよね。

 
でも、本当はそうではなく、
勝つ時は「勝てる戦略のもと、勝つべくして勝つ」のであり、
100%運だけとは決して言えないのです。

 
もちろん、「偶然当たる」ということもありますが、
何度もゲームを行っていれば、いずれ当たらなくなります。

 
当たらなくなるのは、
その人が運に見放されてしまったからではなく、
単に「戦略がないから」。

 
正しい戦略さえ自分の中にあれば、
ゲームを何度も行うにつれ
小さな勝ちが積み重なり、総合計で「勝ち」が多くなってきます。

この「総合計の勝ち」を増やすのが
ブックメーカーの実践において最も大切なこと。

要は、一回の大勝よりも十回の小さな勝ちを狙っていくということですね。

そして「総合計の勝ち点を増やすための戦略を練る」のが、
ブックメーカー実践の醍醐味。

小さな勝ちを増やすという行為、
そして小さく勝ち続けるための戦略を練るという行為は、
運任せで生きてきたというタイプの人や
すぐに結果を求める人には難しいでしょう。

 
むしろ、ブックメーカーは
普段から真面目でコツコツ取り組める人の方が
向いていると私は思います。

もし、あなたが今まで着実にコツコツ生きてきた真面目なタイプなら、
ブックメーカーを実践すると意外とイイ線までいけるかもしれません。

 
少しでもブックメーカーに興味がありましたら、
このブログでも私の体験談などをシェアしていくので、
これからもぜひご覧いただけたら幸いです。