ブックメーカーは、例えギャンブルの初心者だったとしても、
正確な情報を元に慎重に行えば「負けない」という
経験ができるジャンル。

私も、実践前までは
「んな訳ないだろ~」と思っていたのですが、
確かに、実践してみると
仕入れた情報が良ければかなりの高確率で勝てます。

でも、その一方で

「ブックメーカーを世界中の人が実践すれば、
 胴元のブックメーカーが潰れるのでは?」

という疑問が出てきますよね?

ましてや、皆が皆
投資目的でブックメーカーをやり出した日には、
ブックメーカーの儲けがなくなってしまわないのか、
潰れてしまわないのか、なんて
こちらが心配になってしまうくらいですよね。

しかし、そんな心配とは逆に、
ブックメーカーは投資目的よりも
純粋に「賭け」を楽しんでいる人の方が多いそうなんです。

基本的にブックメーカーに賭ける人は

「マリナーズ勝て!!」
「インテル行け!!」」

等と、バーで酒を飲みながら
盛り上がったりする時、
更なる楽しみをプラスするために賭けるようです。

しかも、世界の大富豪たちが
こぞって大金を賭け続けているため、
胴元であるブックメーカーには
いつも一定の利益が入ってくることになるんですって。

だから潰れる心配は無いとのこと。

このスケールの大きさは、
日本人だけを相手にしているビジネスに比べると
顧客層の規模の違いというか、そういう事なんでしょうね。

やはり世界規模というのはスゴイ!